全国各地の結婚式関連の仕事

ウエディングプランナー

仕事を探すうえで、全国各地で働くことができるということは大きなポイントとなります。特に女性の場合、結婚を機に仕事の在り方を考えることはよくあります。配偶者が転勤をする場合など、自分の職場をあきらめるしかないという状況も多くなるためです。

一生できる仕事を探すのであれば、どこでも働くことができる、どこでも必要とされることを選ぶということがオススメです。そこで注目したいのが結婚式にまつわるビジネスです。結婚は全国どこでも起こりうることですから、各地で結婚式が開かれることになります。そうなると、そこに携わる人も必要とされることになるのです。プランナーから式場スタッフ、料理やフラワーアレンジメントなど、それにかかわる職種というものは多岐にわたります。

自分のこれまでのキャリアや得意なこと、好きなことをもとに職探しをしてみるとよいでしょう。自分の人生も輝かせ、社会で役立つ人間になっていくことができます。

結婚式の仕事は展開を読むのが重要

ウエディングプランナー

結婚式で活躍している仕事として今注目されているのがウエディングプランナーで、この職種に就くことを希望する人が増えています。ウエディングプランナーは結婚式を予定しているカップルのアドバイザーとして、一生思い出に残る式になるようにプロデュースする仕事です。

結婚式に出す料理に関することや衣装についてはよく分からずに困ってしまうことがありますが、そういった不安を解消するためにウエディングプランナーはしっかりとしたアドバイスをしています。新郎新婦のためにどうしたら良い式になるか真剣に考えて実行しているのがウエディングプランナーの仕事なのです。結婚式においては展開を読むのが非常に重要になって来ますが、長年培って来た経験によって進行状況を的確に読み素晴らしい式にするように色々と努力しています。

このように最近ではウエディングプランナーの役割は非常に重要になって来ており、結婚式を挙げる人にとっては必要不可欠な存在となっています。

結婚式に携わる仕事の職種

結婚式の仕事と一言で言っても、様々な職種に分かれています。まず結婚式の職種として代表的なのが、主役の新郎・新婦を最高に輝かせるために挙式や披露宴を作り上げることが仕事であるウエディングプランナーです。

ウエディングプランナーは、衣装や料理、花、ウエディングケーキ、引き出物、挙式のスタイルなど決めなければいけないことがたくさんあります。まずは新婦と新婦にどのような挙式や披露宴をしたいか、予算などの要望について詳しくお聞きします。ウエディングプランナーに必要なことは、相手の要望やニーズをうまく聞き出す能力と、しっかりと話を聞いてあげることです。新婦や新郎と何度も打ち合わせを重ねて挙式や披露宴を行うので、上手く関係性を築ける方には向いている仕事だと考えられます。

大変な仕事ですが、一番新郎や新婦と関わる時間が長いので達成感や満足度も非常に高く、時にはとても感謝されます。このようにウエディングプランナーは、とても魅力があると言えます。

結婚式 技術が活かせる仕事

結婚式にはお金がかかる

結婚式では様々な職業の方が専門の知識や技術を活かした仕事をしています。その中でも特に身に着けた技術が求められる仕事として挙げられるのが、ヘアメイクやネイリスト、エステティシャンなどです。ヘアメイクは結婚式当日のセットだけではなく、事前の写真撮影やドレスのフィッティングなどにも携わる技術職として、特別な日に華を添えることができる仕事です。

また最近ではネイルへの関心も高まっていることから、一般的なネイルアートではなくブライダル向けの特別なネイルアートができるネイリストも結婚式の場で活躍しています。

また式場によってはブライダルエステを行っているところもあり、エステティシャンは、もっとも美しい状態で結婚式を迎えられるように式までに肌やスタイルのケアや脱毛などを行っています。

このようにウェディングプランナーやアテンダント、司会など表だって活躍する仕事以外にも、結婚式では様々な専門職の方が活躍しているのです。